2005年04月04日

私が語りはじめた彼は

amazon
私が語りはじめた彼は
三浦 しをん

新潮社 2004-05-25
¥1,575 (税込)


もろく儚く消滅? でも実はまだ切れてない、「彼」と私の仲。驚異の新鋭の傑作。――きっかけは「彼」の醜聞だった。女性にだらしなく、勤務先を追われ、新しい家庭におさまり、暮らしました。おしまい……いや、話はそんなに単純ではない。同僚や離れて暮らす息子、新しい娘、実の娘の婚約者、みんな闇を抱えて生きている。「彼」の影を引きずりながら。男女の営みのグロテスクな心理と生理を描く“関係”小説。


4104541036
文芸/日本文学/小説 女性作家

line

■新潮社『波』書評「私が語りはじめた彼は」
posted by sizuku at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2771918

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。