2005年04月05日

戦争の世紀を超えて

amazon
戦争の世紀を超えて―その場所で語られるべき戦争の記憶がある
森 達也/姜 尚中

講談社 2004-11
¥1,890 (税込)


『生きる。愛する。』
姜――森達也の指摘するとおり、イエドヴァブネの惨劇の起きたポーランドの小さな村は、戦争の世紀の深い闇を見据えるのに最もふさわしいロケーションかもしれない。この小さな村での出来事から、神でも悪魔でもない、その中間に宙吊り状態になった「人間」の誤謬や不安、恐怖や凶暴さ、そして優しさといったさまざまな情念が垣間見えてくるように思える。
森――姜尚中は険しい表情で、展示物をじっと凝視している。アウシュビッツは僕らにとっての触媒であり、同時にリトマス試験紙なのかもしれない。身体の奥底にしまいこんでいたはずのデモーニッシュな領域が、いつのまにか刺激され、苦い汁となって舌の裏に滲み出す。だからこそ人はここに来る。恐々と。でももしかしたら、意識のどこかでうきうきと。<本文より抜粋>
「目次」――<戦争の世紀のトラウマ>場所に残された記憶を辿って/<勝者、敗者、被害者の記憶>裁きの場で/<限定戦争という悪夢>冷戦の最前線で/<そろそろ違う夢で目覚めたい>


4062126699
教養/ノンフィクション/オピニオン
posted by sizuku at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 教養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。