2005年05月09日

オレ様化する子どもたち

amazon
オレ様化する子どもたち
諏訪 哲二

中央公論新社 2005-03
¥777 (税込)


大人と対等と信じ、他人を気にかけなくなった子ども。「プロ教師の会」代表の著者は教職40年で、この変化と格闘してきた。本書はオレ様化の原因を探り、個性化と社会化のあり方を問う。
「目次」――「新しい子ども」の誕生(教師と子どもは「他者」である;戦後社会の変遷と子どもたち;幼児期の全能感と「特別な私」;なぜ「校内暴力」は起きたのか;変わる子ども、変わらない教師;大人と「一対一」の関係を望む子どもは「一」ですらない;子どもに「近代」を埋め込もう)/教育論者の子ども観を検証する(宮台真司―「社会の学校化」か「学校の社会化」か;和田秀樹―学力低下論の落とし穴;上野千鶴子―偏差値身分制と児童虐待;尾木直樹―学校告発はなぜ不毛なのか;村上龍―『13歳のハローワーク』とゆとり教育;水谷修―夜回り先生は「教師」ではない)/なぜ子どもは変貌し、いかに大人は対処すべきか


4121501713
新書・選書/教養/中公新書ラクレ
posted by sizuku at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 新書・選書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。